ホーム>トピックス

トピックス

★事務所ボランティア大募集中です。

2連ポスター掲示のご協力頂ける方も大募集中です。
ご連絡先:fax047-489-1650またはakibasanka@yahoo.co.jp

★萱田に新しい事務所を開設しました。

4月30日(日)午後3時半~5時、ぜひ お立ち寄りください。
参加費百円での事務所開きを行います。
場所は、新川大橋通りの北側歩道沿いで、労働金庫八千代支店とセブンイレブン(京葉銀行跡地)の間。 ソフトバンクの隣の隣。レストラン・La Barcaの駐車場の隣。
八千代市萱田2242-27, tel/fax047-481-8424

■米本での秋葉就一市政座談会のお知らせ(参加費無料、事前予約不要)

・日時:2017/4/30(日)9時45分~正午(受付開始9時半)
・場所:阿蘇公民館(米本団地遊歩道千葉興銀米本支店そば)2階 講習室
 勝田台駅南口から東洋バスで米本団地行きに乗り、米本団地入口下車徒歩8分
・主催:秋葉就一と市政に参加する会、共催:ステップアップ八千代の会

★★★「4.16秋葉就一を激励する会」を開催しました。

秋葉就一八千代市長の1期目の任期満了が近づく中、世田谷区長・ 保坂展人さん(2期目)をお招きして、世田谷区政改革をお話し頂き、 八千代市での「改革を止めない」動きと流れを確実なものとすべく、 私からもここ4年間の市政改革の歩みと今後の方向性と八千代市の ステップアップについてお話しさせて頂きました。ご来場、誠に有難う ございました。
・日時:4月16日(日)午後5時半~8時、於エルムサロン
・参加費:6千円(飲食あり)郵便振替口座00150-6-671676
※政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティ

★第11回 秋葉就一と市政を語る会を実施しました。

ご来場、誠にありがとうございました。
・日時:4月22日(土)午前10時~正午
・会場:勝田台公民館 1階 講習室(参加費無料)

★第10回 秋葉就一と市政を語る会 を開催しました。

ご来場、ありがとうございました
・日時:3月5日(日)午前10時~正午
・会場:八千代台東南公共センター3階東南公民館会議室

■第9回 秋葉就一と市政を語る会 を開催しました。

ご来場、ありがとうございました。
・日時:3月4日(土)午後5時半分~7時45分
・会場:市民会館3階第3会議室

★八千代市が市主催で 市長タウンミーティング2016を今秋7回開催。

参加費無料、事前予約不要、受付開始は開会30分前
5回目が2016年11月19日(土)午後2時~4時半、緑が丘公民館5Fホール。
6回目が11/20(日)午前9時半~正午、総合生涯学習プラザ2F多目的ホール
7回目が11月20日(日)午後2時~4時半、勝田台文化センター2階展示室。

★11/5、八千代市環境セミナー「八千代市の再生可能エネルギーを考える」が市主催で開催。

13時半から市民会館にて。
基調講演が「八千代市における自然エネルギー時代の可能性」
公共学博士 馬上丈司氏。
事例報告が「営農型太陽光発電+パネルオーナー制+市民発電所」
市民エネルギーちば合同会社 宮下朝光氏。参加費無料

★11/1、八千代市が平成27年度決算の概要を公表。

2015年度決算で財政状況が改善しました。
財政調整基金が実質14年ぶりに20億円を突破(22.6億円に)。
前市長時代の最後の3か年の平均は約12億円、
秋葉市政3か年の平均は約17億円(2013年度決算の元気臨時交付金分を除く)。
年平均で5億円アップ。
以下は、左側が2014年度決算、右側が2015年度決算の数値
●経常収支比率も1.9ポイント改善!:94.9% → 93.0%
●公債費負担比率も0.4ポイント改善:14.8% → 14.4%
●将来負担比率も約23ポイント改善:73.8% → 51.1%
●実質公債費比率も1.1ポイント改善:9.8% → 8.7%
●積立金現在高も大幅改善:20億円 → 30億円
●財政調整基金は2倍に:11.3億円 → 22.6億円

■第8回の秋葉就一市政報告会のご案内(参加費無料、主催:市政に参加する会)

・日時:2016/8/28(日)14時~16時半頃(受付開始13時45分)
・場所は村上公民館2階講習室(村上団地第3バス停そば)

■第7回の秋葉就一市政報告会のご案内(参加費無料、主催:市政に参加する会)

・日時:2016/8/11(木・祝)14時~16時半頃(受付開始13時45分)
・場所:緑が丘公民館4階講習室(八千代緑が丘駅歩3分)

■勝田台北での秋葉就一市政座談会のお知らせ

・日時:2016/8/7(日)13時半~16時(受付開始13時15分)
・場所:Oosawa Garden(勝田台北2-23-1)北口徒歩8分
・参加費:300円(お茶代等)。主催:秋葉就一と市政に参加する会

★2016/4/24午後2時~、財政リスク回避戦略2014

・第3回・市民説明会(主催・八千代市)が八千代台文化センターで開催。
 入場無料、受付開始1時半。
 内容は、同戦略に関し、
 財政運営の基本的計画や平成28年度当初予算、
 後期基本計画の策定など、
 これまで実施してきた取り組み状況の概要の説明と、意見交換(質疑応答)等。
 担当は総合企画課

■2015/9/27午後2時~4時半、  「まちづくりシンポジウム2015inやちよ」(主催・八千代市)が総合生涯学習プラザ・多目的ホールで開催された。

内容は、第1部で秋葉市長からの趣旨説明と、千葉大学大学院教授・倉阪秀史先生による基調講演「住み続けられる八千代市をめざして:2040年の未来シュミレーションを通じて」。
小休憩をはさんで第2部がパネルディスカッション「住み続けたいまち八千代をめざして」。
パネリストは、倉阪先生、金子芳和さん(京成バラ園芸㈱代表取締役社長)、太宰真澄さん(元八千代市総合計画審議会委員)、五十嵐みのりさん(2014年八千代市成人式プロジェクト)、茂木奏弥さん(2015年八千代市成人式プロジェクト)、大塚裕介・八千代市議(地方創生調査特別委員会委員長)と市長。
市全体の次期5ヶ年計画・後期基本計画と八千代市版総合戦略の策定に向けて、貴重な講演と活発な討議がなされました。
担当は総合企画課。手話通訳つきで行われました。

財政リスク回避戦略・第2回市民説明会(主催・八千代市)が開催されます。

2015年5/16午後2時~
勝田台文化センター3階ホール
入場無料、受付開始1時半。
内容は、同戦略の概要、当初予算、公共施設等の更新問題、意見交換(質疑応答)等。
会場は勝田台駅南口から徒歩4分。担当は総合企画課

■第2回の秋葉就一市政タウンミーティングを開催。

2015年3月15日(日)午後3時半~3時45分
八千代市市民会館3階第3会議室にて
参加費無料、受付開始3時15分
市長選マニフェストや財政リスク回避戦略2014の進捗状況、6年後の八千代市を見据えた2015年度予算案編成など市長就任1年9ヵ月半の取り組み状況についてお話しします。意見交換も予定。どうぞご参加ください。
主催は秋葉就一と市政に参加する会

■市議会平成27年度予算審査特別委員会が開催されます。

2015年3月9日~12日
開会は午前10時。以後の市議会の予定は、3/16(月)が議会運営委員会、3/20(金)が総括審議(市長議案・請願等の委員長報告・討論・採決、議員発議案の質疑・討論・採決の予定)で、開会はともに午前10時。

★2014/10/9:市民ギャラリー設置管理条例の増額修正的な議会修正への市長再議後の賛否(敬称略)

・反対:みんなの広場(原・橋本・松崎)、新政八千代(横田・奥山)、皆川
・賛成:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・大塚・林隆文・安原・横山)、公明党(木下・菊田・坂本・正田・緑川)、新未来(海老原・河野・山口)、清誠クラブ(成田・林利彦・塚本)、新風(西村・菅野)、日本共産党(小林・堀口)、松井

★2014/9/26:財政調査特別委員会設置の発議案への賛否(敬称略)

・賛成:みんなの広場(原・橋本・松崎)、日本共産党(小林・堀口)、中村、皆川
・反対:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・大塚・林隆文・安原・横山)、公明党(木下・菊田・正田・緑川)、新未来(海老原・河野・山口)、清誠クラブ(成田・林利彦・塚本)、新風(西村・菅野)、新政八千代(横田・奥山)、松井

★2014/6/26:総合グラウンドの指定管理者を㈱セイウンに指定する議案への賛否(敬称略)

・賛成:みんなの広場(原・橋本・松崎)、皆川
・反対:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・大塚・林隆文・安原・横山)、公明党(木下・菊田・正田・緑川)、新未来(海老原・河野・山口)、清誠クラブ(成田・林利彦・塚本)、新風(西村・菅野)、新政八千代(横田・奥山)、日本共産党(堀口・中村)

★2014/1/16:臨時会における教育委員任命同意議案

(合唱協会理事長でいのちの電話や市の審議会経験複数お持ちの徳橋和子氏)への賛否(敬称略、会派は当時)欠席は日本共産党・小林議員
●賛成:みんなの広場(原・橋本・松崎)、未来のうち2名(山口・河野)、日本共産党(堀口・中村)、新政八千代(横田・奥山)、皆川
●反対:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・安原・横山)、公明党(木下・菊田・正田・緑川)、未来のうち2名(海老原・松井)、政誠会(塚本・大塚・林隆文)、自民クラブ(成田・林利彦)、新風(西村・菅野)

★2013/12/19監査委員選任議案2つの採決賛否(敬称略)は以下の通り。

欠席は小林議員

▼1つ目:元大田区副区長で前八千代市行財政改革推進委員の江頭博彦氏の選任に
●賛成:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・安原・横山)、公明党(木下・菊田・坂本・正田・緑川)、未来(海老原・河野・山口)、政誠会(のうち、大塚・林隆文)、自民クラブ(成田・林利彦)、新風(西村・菅野)、新政八千代(横田・奥山)、日本共産党(堀口・中村)・みんなの広場(原・橋本・松崎)、皆川
●反対:政誠会のうち塚本

▼2つ目:元総務省職員で税理士、元佐倉市代表監査委員の松林勝氏の選任に
●賛成:みんなの広場(原・橋本・松崎)、日本共産党(堀口・中村)、新政八千代(横田・奥山)、皆川
●反対:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・安原・横山)、公明党(木下・菊田・坂本・正田・緑川)、未来(海老原・河野・山口)、政誠会(塚本・大塚・林隆文)、自民クラブ(成田・林利彦)、新風(西村・菅野)

★2013/9/27農業交流センターと道の駅を結ぶ橋の建設費を復活させる議会修正案への賛否(秋葉市長は中止するため同建設費を削除する補正予算案を提出していた)と、 2013/10/10同橋(ペデストリアンデッキ)建設費復活の議会修正可決に対する市長の再議権(拒否権)行使後の再採決での賛否

(敬称略、会派・役職は当時。日本共産党の小林議員は両日とも欠席。松井議長は10/10の再議では賛否表明義務があって賛成を表明。)
・橋の建設費復活に反対:日本共産党(堀口・中村)、みんなの広場(原・橋本・松崎)、皆川
・橋の建設費復活に賛成:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・安原・横山)、公明党(木下・菊田・坂本・正田・緑川)、未来(海老原・河野・山口・松井)、政誠会(塚本・大塚・林隆文)、自民クラブ(成田・林利彦)、新風(西村・菅野)、新政八千代 (横田・奥山)。
※未来の松井議員は当時議長だが、市長の再議権行使後の再採決には表決に参加。

★2013/9/27教育委員任命同意議案(候補者はNPO支援センターちば代表理事でPTAや県の審議会委員歴が複数ある平野都代子氏)への賛否

(敬称略、会派は当時。日本共産党の小林議員はその日欠席。9/3監査委員議案との違いはそれだけ。)と、2013/9/3監査委員選任議案(候補者は元日本道路公団調査役で事業仕分けの経験もある片桐幸雄氏)への賛否(敬称略、会派は当時)
・賛成:日本共産党(小林・堀口・中村)、みんなの広場(原・橋本・松崎)、新政八千代(横田・奥山)、皆川
・反対:市民クラブ(茂呂・嵐・伊東・江野澤・安原・横山)、公明党(木下・菊田・坂本・正田・緑川)、 未来(海老原・河野・山口)、政誠会(塚本・大塚・林隆文)、自民クラブ(成田・林利彦)、新風(西村・菅野)

■2014/11/30の秋葉市政報告会にご来場頂いた皆様、誠に有難うございました。

本格的な告知が7日前からとなってしまいましたため、最大30人程度と想像していましたが、40人を上回るご来場で、私からの報告だけでなく、活発な意見交換ができました。今後も、市政報告や市民の方々との対話を続けてまいります。
■秋葉就一市政報告会を11月30日(日)午後2時から4時頃まで、緑が丘公民館4階講習室にて開催します。
参加費無料。市長就任1年半の取り組み状況を、市長選マニフェストと市政の重要課題との関わりでお話しします。
どうぞご参加ください。

■八千代市が2014年11月1日と2日に、事業仕分けを実施。結果はこちら

■2014年10月13日の午後3時から、八千代市が公共施設等に関するシンポジウムを開催。

結果はこちら

★2014/9/26に修正議決された市民ギャラリーの設置管理条例について、財政的な裏づけのない経常経費の増をもたらすだけでなく、展示を希望する市民・団体にとって6割もの値上げとなるので市長は拒否権にあたる再議権を行使。

10月9日に臨時議会が開催され、再度の採決がされましたが、議会は3分の2以上の賛成で議会修正案を再可決。
なお、市長原案でも、利用者から朝9時~10時及び夕方5時~夜8時の時間帯の利用希望申請があれば、市と指定管理者が協議の上で利用を認めるだけでなく、延長部分について1時間単位の精算が可能な条文となっていました。美術館やギャラリーは原則、日額使用料ですので、議会修正案では夜間の利用希望の有無を問わず一律で6割の値上げとなってしまうのです。

■2014年10月5日の午後2時から、八千代市が市民説明会を開催予定。

当日配布資料はこちらから

■八千代市が10月に図書館ワークショップを開催予定。

詳細はこちら。 参加者を無作為抽出で16名(市からの郵便が届いた方のみ申込可能)、公募で8名,9/16まで募集中。
公募は18歳以上の市民で、10/4&11&26の3回出席可能な方が対象。
既存の地域図書館4館と、来年度開館予定の中央図書館のサービスバランスを、図書館運営経費総額との関係で見て頂きながら、市民の皆様に適切なサービスバランスに向けてグループ討議をして頂きます。

◎2014&2015年度2ヶ年分の八千代市総合計画実施計画のローリング(最新の歳入見通しなどをもとに、1年前に策定した実施計画の計画事業に所要の変更を加えて、実現可能な数・規模にすること)が通常の行政運営ではできない状態が判明したとともに、向こう3か年の財政収支見通しを試算したところで、大変厳しい数字・見通しが明らかとなったため、2014/7/28、財政リスク回避戦略2014キックオフを発表・宣言しました。

詳しくは、こちらをご覧ください

★2013/9/27に修正議決され、橋のすぐそばの橋の建設費3億4千万円が復活計上された補正予算の執行は、2012年度決算の悪化に象徴される財政状態の悪化、人口停滞、施設の老朽化等を考慮すると、今後の財政運営に重大な支障を与え、小中学校15校や市民体育館の雨漏り対策、市役所本庁舎の耐震化、小中学校のトイレの洋式化などをさらに遅らせることになるので、10/4、議会に対して再度の採決を求める再議権を行使することにしました。

修正議決を確定させるためには、議会は2/3以上の賛成が必要です。議会が、小中学校15校や市民体育館の雨漏り対策、市役所の耐震化、小中学校のトイレの様式化といった緊急課題と、橋のすぐそばの橋の建設のどちらを優先させるのか、その判断が注目されます。私の再議理由の詳細は以下の通りです。

★再議議案が上程・審議・討論・採決されるのは、10/10(木)午前10時からです。皆様、ぜひ傍聴にお越し下さい。

平成25年10月7日提出
八千代市議会議長 松井 秀雄 様

八千代市長 秋葉就一

再議書

平成25年八千代市議会第3回定例会において、平成25年9月27日に修正議決された「議案第1号 八千代市一般会計補正予算(第4号)」については、次の理由により異議があるため、地方自治法第176条第1項の規定により、再議に付す。

理由

議案第1号 平成25年度八千代市一般会計補正予算(第4号)には、ふれあいの農業の郷整備のうち、やちよ農業交流センターと八千代ふるさとステーションを結ぶ歩道橋建設事業(総額3億3870万円。以下「歩道橋建設事業」という。)に係わる歳出経費及び財源である国庫補助金・市債・一般財源を減額し、並びに関連する継続費や起債を廃止することによって同建設事業を中止し、合わせて、新たに橋を建設しなくても両施設間の往来を可能とするとともに、他の様々な地域から両施設を徒歩または自転車で訪れる市民のアクセスを改善するための歩行者等用通路(国道16号八千代橋の歩道から両施設へ歩行者・車椅子利用者等が最短距離で行けるアクセス通路及びスロープ。以下、「歩行者用等通路」という。)設置のための実施設計委託料600万円が計上されている。
ところが、当該修正議決では、歩道橋建設事業の中止に係わる部分を削除し、歩行者用等通路の設置に係わる実施設計委託料も削除する内容である。
歩道橋建設事業の中止は、平成25年5月26日執行の八千代市長選挙において、主権者である市民が当該建設事業の中止を掲げた候補者を当選者とさせたことから、民意として認識すべきである。
また、やちよふれあいの農業の郷事業にもとづくやちよ農業交流センターは、平成15年度以降合計約10億円の予算が執行され、駐車場や国道16号からの進入路の整備も終わり、既に平成25年4月にオープンしている。従って、総事業費の約7割が執行済みで既にオープンしているということは、それ相当の事業効果が既に発揮されていてもおかしくはない。
本市財政に目を転じると、平成24年度決算では、本市の主な財政指標は、健全化判断比率の将来負担比率がわずかに改善したことを除くと、経常収支比率、公債費負担比率、実質公債費比率、将来債務残高、財政調整基金残高を含む積立金現在高といった指標において全て悪化するなど、財政の硬直化は深まるばかりである。
さらに、ここ2年半の本市の人口は停滞し、第4次総合計画に掲げた人口見通しを既に7千人以上下回っているため、市税を中心とする歳入見込み通りの歳入が期待できない現状にある。
また、本市の既存の公共施設の多くが、高度経済成長時代の人口急増期に建設されたことから、築40年以上経過した施設が40以上もあって老朽化対策や耐震化が急務となっている。
このような厳しい財政事情・人口停滞・既存施設の老朽化状況等を考慮すると、既に約10億円の事業費が執行されて施設や駐車場、主要道路からの進入路が完成してオープンしているにもかかわらず、その事業効果を見極めもせずに、追加的な効果を求める歩道橋建設を行うことは極めて問題が多い。例を挙げれば、小中学校15校や市民体育館での雨漏り、小中学校における洋式トイレの少なさ、市役所本庁舎や少年自然の家の耐震化未達成等、他に優先すべき課題が山積している。
他方で、歩道橋建設事業の中止で発生する新たな財源の一部を用いて八千代橋から両施設に最短距離でアクセス可能な歩行者等用通路を整備することは喫緊の課題である。この歩行者等用通路は、例えば、米本団地から農業交流センターに徒歩もしくは自転車等でアクセスする場合、歩道橋ルートよりも時間・距離が短縮されることになるので、歩道橋を建設するしないにかかわらず必要な通路である。どこを出発点と捉えるかによって、歩道橋ルートの方が遠回りになるケースもある。
また、同歩道橋建設工事を中止すれば、国からの交付金の減額分を差し引いてもなお約2億円と起債2億5040万円にかかる利息分が節約されるのであり、八千代橋を活用した歩行者用等通路の整備費用を差し引いてもなお残る約1億6千万円については、公共施設の老朽化対策・耐震化や他の緊急課題等に充てることが可能となる。
上記のような厳しい財政事情・人口停滞・既存施設の老朽化状況等を考慮すると、第3回定例会において修正議決された議案第1号一般会計補正予算(第4号)は、本市全体としての市民福祉の維持・向上を目指す観点から適切でないと判断し、再議に付すものである。
※公職選挙法では、当選の御礼ができませんので申し訳ございませんがご了承下さい。
選挙中、街宣車等でお騒がせしてすみませんでした。皆様のご寛容に感謝しております。
これからも、皆さんと一緒に政治を変えていきたいと思っています。

ご案内・募集