実績・リポート

4年で実現したこと(一部を掲載)

●子ども医療費助成制度の対象年齢の拡大(小4-中3にも適用)

●小中学校トイレ改修を実施計画事業に

●市立保育園の改修(ゆりのき台・睦北・米本南)

●保育園の定員の増加数は1.3倍に
  

●学童保育所の定員の増加分が2.4倍に
  

●災害時用医薬品の循環型備蓄の協定締結(初回の費用負担のみで半永久的に)

●青年市長会加入で遠隔自治体含む災害相互応援協定が成立

●ふるさと親子祭打ち上げ花火復活、補助金増

●市民活動団体支援制度の見直しで18歳以上の全ての市民が 1人750円投票可能に

●期日前投票所を2か所増、民間3か所に

●公共施設白書を作成し、毎年更新

●財政面では2015年度決算で大幅改善

●積立金現在残高が9.5億円増加
  

●市税徴収率が2.6ポイント増加
  

●市長等特別職車両を3台から1台に削減

  市長専用車の走行距離は1/4、75%カット
   月平均1,391Km→月平均345Km

●市に移管させた防犯灯を全てLED化

●八千代市出身タレント2名をPR大使に

●総合運動公園多目的広場の夜間照明使用料を3割弱引き下げ

◆東葉高速鉄道の通学定期券の約2割値下げ

◆中央図書館・市民ギャラリーの維持管理運営費削減

◆市内4ヶ所にブックポスト設置

●認知症サポーター養成講座の回数を2.4倍に
  

●高齢者の見守り協定締結
高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、民案業者のご協力により、市内の高齢者を見守る「高齢者見守りネットワーク活動」が実施されています。
  

◆「財政運営の基本的計画」を策定

◆「公共施設等総合管理計画アクションプラン」策定

◆市民税1%NPO支援制度見直しで投票資格者拡大

◆給食食材の放射性物質検査器の導入

◆事業仕分けを実施し、財政効果は3年で2.3億円(対2014年度当初予算比)
  

◆不燃・有害ごみを同じ日に出せることにして月2回

◆市長給与・期末手当等の3割カット約4年間継続

   4年間で 約2,100万円

 

ご案内・募集